プロ保育者とは

the professional nursery teachers

甲木が考える5つ星 プロ保育者とは?

幼稚園に通わせて頂き、「プロ保育者」だなぁ、と思ったO先生。
ほがらかで、穏やかで、そして笑顔が輝くO先生!

普段はとっても優しいけど、みんながふざけ過ぎたりした時は、厳しく叱り、言い聞かせ。
保育や行事の活動で、「もっとできるのに、みんなががんばりを見せない・・・・」
そんなときの、歌の合唱指導では、「みんな恐竜さんみたいなギャーという声ではなくて、優しくて、美しい声を出してみて♪きっとできるよ!」って励まされる。美しく、揃った歌声に、その場にいた私も、感動してしまい、思わず涙が出て来ました。「もっとみんなには力があるよ!!」と子どもたちを信じて向き合います。
子どもたちの可能性を発揮させ、最高のパフォーマンスを生み出す!一人、ひとりがその子らしさを発揮できたとき、しっかり子どもたちを認め、勇気づけます!!そんなO先生が、みんな大好きです♪

時には、お母さんから、「うちの子落着きがなく、言葉も遅いみたいで心配です。」と相談を受けることも・・・。
「○○ちゃん、確かに、保育に入るまで、切りかえが難しくて、教室を3~4周まわってから座ることになり、やや時間がかかっていますね。言葉は、単語やジェスチャーで伝えることがほとんどです・・・。」
その子の状態を事実として、きちんとお伝えされます。お母さんは、みんなとの違いに、あわてました。
「やっぱり!うちの子、先生、大丈夫でしょうか?!」
O先生は、ゆっくりと、そして愛に満ち溢れて、お母さんに言いました。
「お母さん、大丈夫ですよ。この一年、そして小学校にあがるまで、どのように関わって、育てていくか、一緒にちゃんと考えていきましょう。」

彼女はお母さんを優しく包み込みました・・・。

OOちゃんの特徴や個性をしっかり把握して、幼稚園での支援のポイントを、家庭でも試して頂き、具体的な関わり方を伝えて、実践してもらう。親自身も子育てのヒントをもらい、双方で成長を促し、その子の可能性を発揮する。
子どもを愛し、可能性を開花させる「子育て」だけでなく、「親育て」もできるO先生・・そして、最終的には、小学校への引継ぎも行い、進学もスムーズにして、将来を見据えた関わりができる。凄いです。

私立幼稚園、保育園は民間企業です。保育者は園の顔です!
一人ひとりが、経営者であるという視点を持て、最大のサービスを提供できる、
教育愛に満ちた保育者こと、プロ保育者です。

園長先生向け「無料相談」をしています。

甲木が考える5つ星 プロ保育者のステップ

第1ポイント
自己愛(セルフラブ)を土台として、自分をエンパワーメントできる!

エンパワーメントとは「個人や集団が自分の人生の主人公となれるように力をつけて、自分自身の生活や環境をよりコントロールできるようにする」ということです。つまり、自分も他人も愛し、自己の可能性を拡大できる方法を知って、保育者自身が成長し続けていることです!「気になる子に適切な支援をするべく奮闘する。」、「保護者様にもありきたりなその場しのぎの関わりでなく、子どもの将来を見据えたアドバイスができる。」、「自分のクラスだけがよければよいのではなく、園全体が活性化するように行動できる。」等、実践できるのがプロ保育者。このように、本気で人と向き合う姿勢を持てるようになるには、保育者自身が、自分の事をよく理解して、ありのままの自分を受け入れていく必要があります。しかし保育者が自分自身に自信をなくしていたり、自分を認められない(自己愛が足りない)状態だったりすることがかなりあります。この状態では、きちんと子どもや保護者と関係を築けません。
5つ星プロ保育者としてのマインド(心の在り方)を醸成していくことが第1ポイントです。

第2ポイント
気になる子(発達障がいや情緒障がい児)への支援ができる!

あらゆる個性、特徴、障がいや背景を持つ子どもたちのありのままを認め、その子らしさを引出し、成長を促し、クラス全体を愛に満ちた保育運営ができることが、最もやりがいが持てます!
あらゆる子を認め受け入れるには、保育者自身も自分の事を理解し、いい所、悪い所を含めて認め、受け入れ、自分を愛しているという、心の在り方が第一となります。さらに、発達障がいや情緒障がいの知識を深め、具体的な支援の工夫などを学ぶことにより、明日からどうかかわって行けばよいかがわかり、保育に自信を持ち、支援にチャレンジしていくことが大事です。

第3ポイント
ムダに怒らず、勇気づけることができる!

子どもたちと関わっていて、一番難しいのが「問題行動に対して、どのように対処するか?」です。感情的に、ムダに怒らずに保育指導できる、アドラー心理学の勇気づけ法の習得は必須です。つまり、問題(不適切な)行動に対して注目です、あたり前の(適切な)行動を「認め、勇気づけ!」て、適切な行動を増やす!
 発達障がい児たちへも、「だめ」という否定ではなく、「~して欲しい」と具体的な指示ができたり、適切な行動への着目はわかりやすいと好評です。

第4ポイント
子どもを惹きつけ、簡潔に、メリハリのある、話し方ができる!
=コミュニケーション力が高い!

日頃の保育でも、参観日や保護者会など、人前で話す事がお仕事の保育者!
プロとして、説得力を増し、わかりやすく、簡潔に自分の考えや想いを伝える事が大切です。
 塾講師5年間と話し方セミナーのアシスタント6年間の経験から、子どもの惹きつけ方、自分の体験談を端的にまとめて、説得力ある、信頼できる話し方を学べます。

第5ポイント
保護者の相談に乗ることができ、親サポートができる!

お母さん、お父さんの話をしっかり聴き、受け止め、子育て相談に乗ることができることが、今の時代求められています。
また、気になる子の保護者への、障がい告知といった難しい局面も、カウンセラー16年の経験からアドバイスできます。保護者支援でき、「親育て」までできる先生こそ、プロ保育者です。

園長先生向け「無料相談」をしています。

5つ星保育者になるための研修

1
自分も他者も愛することができる!セルフ・エンパワーメント研修(2h~12h)
  • 自己愛(セルフラブ)を土台として、自分の可能性を広げる方法を学ぶ
  • SP(サブパーソナリティー)トランプを使って、自分の性格を理解
  • 主体性を持って、仕事ができるような方法と考え方を学ぶ
  • なりたい保育者をイメージし、必要なSPを育成
2
保育の中での気になる子(発達障がい児等)への支援研修(2h~8h)
  • 発達障がい・情緒障がい児の基礎知識を学ぶ(特徴理解など)
  • 実践仮想事例を紹介しながら、支援方法を学ぶ
  • 事例検討会(実際の気になる子について、支援を考えます)
3
子どもの意欲を引きだす!勇気づけ法(2h~12h)
  • アドラー心理学の考え方から、子どもと望ましい関係になる方法を学ぶ
  • 子どもが適切な行動を行うには、勇気づける!ことが大切。ムダに怒らず、勇気づけ法を学ぶ
  • アドラーの手法:子どもの行動の理解の仕方・聴き方・自己表現、責任の取り方等を学ぶ
4
説得力を増し、信頼を結ぶ!話し方・コミュニケーション研修 (2h~12h)
  • コミュニケーションの必要性と自分のコミュニケーションスタイルを知る
  • 話し方の基本を学び、2分間で体験談を語るスピーチを実践
  • 相手の心を掴む、聴き方・伝え方を学び、コミュニケーション上手になる
  • 「人間関係が良くなるルール」を学び、よりよいコミュニケーションを目指す
5
保護者の悩みを受け止め、共に考えられる「相談力」向上研修(2h~8h)
  • 保護者と話を進める上で、必要なカウンセリングの態度と技法を学ぶ
  • 問題解決の仕方を学ぶ
  • 実践仮想事例を紹介しながら、支援方法を学ぶ
  • ロールプレイにより、保護者役、保育者役を体感して、実践に繋げる

各種研修の組合せOKです。2時間5万円~(24名まで) 研修について、貴園のご要望に合わせて、お時間、内容などをご提案致します。 まずは、お気軽にお問合せください。

研修参加者の声

1・セルフ・エンパワーメント研修

今回の研修では、人と人との繋がりの大切さに気付くことができました。普段握手やハグは恥ずかしく出来ないと思っていましたが、実際に行ってみて人の温かさや自然と笑顔がこぼれることがわかりました。また、人のことを知るということは、自分のことをまず一番に知り受け止めなければいけないということも学ぶことが出来ました。たくさんのことを学び、自分を見直す良い研修となりました。

鈴鹿学園様 20代 女性

自分の性格はこんな感じだと思っていても深く考えたことはなく、SPトランプカードの結果が当たっている部分が多く驚きました。改めて様々な性格の人間が集まりまとまっていくには難しいところもありますが、自分と相手を理解しようとする気持ちを大切にしていかなければと思いました。
今回のような研修は初めてで、大変心に残りあっという間に時間が過ぎました。甲木先生がどの様な意見に対しても「うん、うん」と相槌を打って下さり、目線の高さを合わせて話をして下さってそこから話しやすい雰囲気ができるということを知り、私自身も実践していけるよう努力していきたいと思います。

鈴鹿学園様 30代 女性

自分を好きになる事によって他人の事も好きになれる、そうする事によって子どもたちの事もしっかり見ることが出来るということに気づく事ができました。これからも良い保育者になれるよう目指していきたいです。5歳未満の子どもたちへのかかわりの大切さ、一番大切な時期の子どもたちを預かっているという責任を感じました。
また、人が自分の事をこのように思っていてくれたのだという事もわかりました。これから良い所は更に磨き、悪い所は少しずつでも良い方向に向いていけるよう努力していきたいです。今日は大変有意義な研修をありがとうございました。

鈴鹿学園様 60代 女性

研修を受け、自分自身の今後の課題に気付くことができました。今までは、「このままではいけないから何とかしなくては…」という漠然としたものが、明確に『課題』として捉えることが出来ました。またSPカードで自分のサブパーソナリティを知り、また他から見たサブパーソナリティも知り、新たな自分を見つけることが出来ました。とても楽しい研修で、あっという間の三時間半でした。
『他人を愛するためには、まず自分を愛すること。自分の心が満たされていないと人を愛することができない』 とても大切なことを教えて頂きました。
新年度を迎える不安と自分自身の課題はありますが、甲木先生に私たちの話を聞いていただき、そして先生のお話を聞いているだけで、自然と気持ちがプラスの方に向いていき「頑張ろう!」という気持ちを強く持つことができます。

五字ヶ丘幼稚園様 40代 女性
2・発達障がいの知識理解と事例検討会

発達障がいの子どもの特徴や、接し方、向き合い方などをたくさん学ばせて頂き、とても勉強になりました。自分ではなかなか判断しづらかったことも、これからは知識をもっと増やし、実践していけたらと思います。
誠意をもって保護者の方と付き合い、日々子どもの様子をしっかり見てコミュニケーションをとっていくことで、確かな信頼関係を築いていけるよう努力したいと思います。

みつや・めぐみ幼稚園様 30代 女性

研修では、具体的に本園の園児を事例にして皆さんと考えることができました。
1ケースごとに全員で共通理解をして話し合うことで、ほかの先生方の考え方を知ることができるうえに、今後のより良い子どもへの接し方を全体で統一して行っていけるので、本当によかったです。子どもの問題行動だけを見るのではなく、子どもたちをしっかりと見て、その子が出来ていることを認め伝えていきたいと思いました。
今日は甲木先生にお会いできて、わかりやすい研修でとても楽しかったです。先生にもっと早く出会っていたかったです!!

蛍池文化幼稚園様 20代 女性

保育者が発達障がいについての知識を持って接することの大切さを改めて感じました。
発達障がいのある子や行動の気になる子に対して、それぞれの特性を理解し、その子に合った支援ができるよう今後も関わっていきたいと思います。また、年齢の低い時から支援していけるよう、保護者の方とも相互理解を深めていこうと思います。

蛍池文化幼稚園様 50代 女性

Aちゃんの事を相談させていただけて本当によかったです。先生のアドバイスを聞いて心のモヤモヤがスッとなくなったような気がします。何より、このアドバイスを実際やってみて、どう成長するのかとても楽しみです。一年目ということで、自分の仕事で精一杯な事が多く、よく子どもに「だめ」と言ってしまいました。今後はそうではなく、どうすればいいのか教えていきたいと気づけました。
甲木先生のお話が聞けて本当によかったです。担任としての不安や責任感に押しつぶされかけていたのですが、子どもが好きという根本的な気持ち、どうしたいのかもっと具体的に考えていこうと改めて感じました。

蛍池文化幼稚園様 20代 女性

事例に出てきた子どもについて、本人の事だけでなく家庭環境も含めて考慮し検討していくことが大切なんだと改めて感じました。保育者全体で意見を交わすことによって、様々な工夫を生み、皆が一人ひとりの子どもの成長を感じることができるのだと思いました。

蛍池文化幼稚園様 30代 女性
3・勇気づけ研修

振り返ると、子どもたちに対する負の注目(怒る等)が多かったことに気づきことができました。子どもたちが普段あたりまえにできていることにも目をやり、認めていきながら自信ややる気につなげていきたいと思います。

蛍池文化幼稚園様 20代 女性

子どもが普段できている行動と問題行動を考えた際に、問題行動のほうを多く思いついてしまったということに気づき、もっと普段出来ている行動に目を向けて、正の注目(勇気づける等)大切にしていきたいと思いました。
つい子どもたちに罰と褒美を与えてしまいがちですが、望ましくない効果を改めて考えると、これからの子どもたちへの言葉かけや態度を考え直すべきだと感じました。

蛍池文化幼稚園様 20代 女性

子どもの行動の目的は、注目・関心をひきたいということで、改めて子ども行動一つ一つに意味があり、子ども一人一人に注目してあげることが大事だと気づきました。
研修の中でお話もありましたが、ほめられる子どもと怒られる子どもは、いつもそれぞれ同じ子供になってしまっていることが多いので、全体をみていけるようにしたいと思いました。怒るよりもほめて、勇気づけの声かけをたくさんしていきたいと思います。

蛍池文化幼稚園様 20代 女性

普段の保育で子どもを認めることを心がけてきましたが、今までの保育を振り返ると、結果ばかりに目が向きがちだったのではないかと反省しました。また、子どもの心理を理解することに対し、原因ではなく目的を大切にする、という甲木先生の言葉がとても印象的で、すぐにでも私の保育に取り入れたいと思いました。
子ども自らが正の注目を得ようとするような声掛け、関わりをしていきたいと共に、子どもたちに対して、たくさん「あなたをきちんと見ているよ」と伝えていきたいです。

蛍池文化幼稚園様 20代 女性
4・話し方・コミュニケーション研修

自己紹介では、“場数を踏む”の通り、皆の前で行うことで緊張もほぐれる気がした。 そして職員に選んでもらったことが自分の自信につながり嬉しかった。 コミュニケーションスキルという事で、技法を取り入れて実際に行うと、様々な気づきを得ることが出来ました。技法は、話の中で意識して行うのは難しいが、相手の話をしっかり聞く、求めていることを考えることを意識して行い続けることで自然と身につくのではないかと感じた。

(葵名和幼稚園 20代 女性)

懇談の練習が出来てすごく勉強になりました。普段他の先生と保護者が話しているところは聞けないので良かったです。聞く姿勢の大切さを改めて認識した点と、同じことを言うのでも「それがダメ」ではなくIメッセージで伝えると聞き手も受け入れやすいという点が特に勉強になりました。

(葵名和幼稚園 20代 女性)

Iメッセージの大切さを知ることが出来ました。保護者、子ども、もちろん家族、友人を大切にするには、常にIメッセージにしないと、相手を傷つけてしまうと学べて良かったです。普段は何気なく使っている言葉も、相手にとってはトゲがあったりして、言われると悲しいときがあります。本日、そのことに気づけて、これからはもっと周りの人を大切にしていける気がしました。

(葵名和幼稚園 30代 女性)

Iメッセージという言葉を初めて学び、言葉を少し変えることで、相手を不快な気持ちにさせず伝える事が出来ると学びました。 また懇談会のシュミレーションをし、他の先生の普段の様子や言葉がけをたくさん学ぶことが出来ました。こうした機会が設けられたことはとても貴重なことなので、これからの保育に活かしていきたいです。

(葵名和幼稚園 20代 女性)
5・保護者との相談向上研修

保護者とのコミュニケーションは年々難しく、ストレスを抱え、担任としても本当に心労が絶えないものでした。この研修で、日々の保護者との関わりで常に笑顔で乗り越えることの大切さや相手に受け入れてもらえる環境、言葉の大切さを学べました。共感しながらしっかり対応するためにも、日頃から雑談でコミュニケーションをとろうと再確認しました。また2学期にいかしたいと思いました。

雲雀丘幼稚園様 30代 女性

保護者との関わり方で、難しいと感じていた点やどうしてもうまくいかなかったところが、先生に教えて頂いた8つの法則で少しずつ良い方向に変えていけるように感じます。
良い人間関係を築いていけるよう心がけたいと思います。相手の話を聞き、受けとめ、相手の心が動くような言葉がけを、甲木先生が私たちに話して下さっているなかで沢山感じ、学ぶことができました。子どもたちだけでなく、保護者への接し方を2学期から見直し頑張っていきたいです。

雲雀丘幼稚園様 40代 女性

ロールプレイングの中で保育者役をさせて頂いて、保護者の方の話を聞いたり共感することの大切さを改めて感じました。また、こちらから答えを出そうするのではなく、いっしょに考えていこうという姿勢をとっていきたいと思いました。

雲雀丘幼稚園様 20代 女性

保護者とのコミュニケーションの取り方で、大切なことを学ぶことが出来ました。私自身、保護者の立場に立つこともありますので、保護者の気持ちは理解し共感できる部分がありますが、保育者として保護者の話の聞き方、また伝え方は、とても難しいと感じています。聴き方としての4つの項目、伝え方としての3つの項目を心に留めながら、これからの保護者との対応を実践していきたいと思います。また、ロールプレイ実習はとてもわかりやすく、オブザーバーの意見を聞いて見直すことができました。とてもよかったです。

雲雀丘幼稚園様 40代 女性

普段、悩みながら保護者の方々と接していますが、今日のお話からヒントもたくさん得ることができ、こうすればいいんだ!と自分の中で考えていきやすくなりました。開かれた質問、閉じられた質問もこれからどんどん使って、共感することも大切にしていきたいです。安心して話して頂けるような雰囲気も作れるよう努めていきたいです。

雲雀丘幼稚園様 20代 女性
ご要望・お問い合わせ等、お気軽にご連絡下さい
TEL.080-3214-1089[営業時間] 平日 9:00 ~ 18:00(土祝祭日休)
このページの上へ戻る