保育コンサルティング

consulting
-
甲木有紀の保育コンサルティング

気になる子(発達障がいや情緒障がい等)への支援が出来てこそ、プロ保育者です。
気になる子ども達がいると、保育が進まない、それは、自分の指導力がないのではないかと、保育に自信が持てずに、先生方が辞めてしまうという、きっかけになることもあります。
そこで、保育カウンセラー歴12年、発達障がい児の検査歴や指導経験もある甲木が、気になる子ども達を保育観察させて頂き、見立て、支援方法を一緒に考えます。

※甲木が行う保育コンサルテーションとは
心理の専門家(コンサルタント)が、気になる子ども(発達障がいや情緒障がい)の行動観察を行い、保育者(コンサルティ)より情報収集しアセスメントを行い、具体的な支援技術や方法について話し合いを持ち、ベストな支援体制を作り上げることです。

保育コンサルテーションの特長など 詳細については、以下をご覧ください。
コンサルティングフロー
1事前ヒアリング

事前に子どもさんの観察記録用紙を記入頂き、まずは「気になる子」の情報を先生方よりしっかり頂き、準備をしておきます。

2保育観察

保育室にいる子どもたちの生の姿を、お邪魔にならないように、約30分ほど観察させていただきます。
一日約5名のクラスを巡回します。

3保育コンサルテーション(支援会議)

保育終了後、担任・主任・関連のある先生方と一緒に、子どもたちの支援について話し合います。
ここでしっかりとアドバイス、提案をさせていただきます。

4明日からの支援の確立

担任が、明日からすぐにでもできる具体的な支援を、担任自身の中から引き出し、明確にします。
私が一方的に伝えるだけでなく、現場の専門家である担任ができる支援を自分で考えられるように、サポート!

5行動に自信

具体的な支援が明確になると、自信を持って、保育や子どもたちに向き合え、迷いがなくなります。
結果、先生も子どもたちも、ともに成長し、可能性を最大限発揮できる喜びを実感することができます。

6保護者への面談持ち方

保護者への相談の乗り方、発達障がいなどの特徴の伝え方、家庭での支援方法のアドバイスの仕方なども助言します。
保護者(家庭)と担任(幼稚園)を繋ぐ役割を陰ながら担い、保護者の子育て力アップできる先生を育てます。
→必要があれば、甲木が保護者面談も行います。

保育コンサルテーション実践例
A幼稚園
・1学期:2回(5・7月)
・2学期:2回(9・11月)
・3学期:1回(2月)
B幼稚園
・年間:11回(5月~3月)
・他:事例検討会を夏・春休みに実施
・セルフ・エンパワーメント研修会も同時開催
 (計2回)
月1回:年間12回から、年間3回など、ご要望、ご予算に応じます。ご相談ください。
-
豊富な専門知識と実践事例より、的確なアドバイスができます
甲木(かつき)流コンサルテーションの特長
1勇気づける
先生のがんばりを見逃さず、認め励ますので、自信に繋がります。
2聴く
カウンセラーとして、先生の困り感や悩みに寄り添うことができます。
3押しつけない
先生ができることを一緒に考えるので、無理がないです。
4発達障がい児の指導経験もあり
教師目線のアドバイスもできます。

園長先生・保育者の声

園長先生の声

当園では支援の必要な子供に対する援助方法やその保護者に対する対応方法、説明の仕方だけではなく個別支援計画の作成や行動・観察記録の記載事項に至るまで全般にわたり甲木先生に指導をしていただいています。甲木先生は個々の子供に適した具体的な説明をしてくださるので、職員達の保育運営での迷いがなくなりました。また、職員の支援に対する知識の向上だけではなく支援に対する考え方も変化してきており、適切な援助によって子供達の成長が顕著に表れてくるという喜びを感じています。さらに、子供に対する支援だけではなく、職員の職場でのストレスチェックもしていただけ、職場環境の向上にも繋がっています。

みつやめぐみ幼稚園 園長先生 (通年:11回:保育者支援・春休み引継ぎ研修会実施)
保育者の声

毎日保育をしていると“甲木先生に相談したいなぁ”と思うことがたくさんあり、毎月来ていただける日を心待ちにしています。
支援の必要な子供達への接し方や保護者対応など、年々課題が増えているので適格なアドバイスをしていただける心強い存在です。
学びだけでなく、毎回ミーティング後に“明日からも頑張ろう”という前向きな気持ちになれるので先生達の保育意欲の向上にもなり、また心の支えになっています。

みつやめぐみ幼稚園 主任 (通年:11回:保育者支援・春休み引継ぎ研修会実施)
副園長先生の声

甲木先生には、実際に子どもの様子を見ていただいて、子どもへの対応やクラス運営について、一緒に考えて下さっています。我が事のように親身になって、熱意を持って園の事を考えていただいています。
気になる子どもに関する豊富な知識や現場での体験に基づいて、私達の気持ちに添いながら、的確なアドバイスを頂けるので、保育に向かう先生たちの助けになっています。保育をしていると、楽しいこともありますが、時には辛いことも起こります。大変になることもあります。そんな気持ちを受け止めていただくと、先生達も元気がでて、明日への活力になっています。何よりも、私のかわりに、先生達をたくさん褒めてくださいます!感謝しています。

五字ヶ丘幼稚園 副園長先生 (年間:7回:保育者支援 1学期:2回(5・7月)・夏休み研修会・2学期:2回(9・11月) 3学期:1回(2月)・春休み研修会実施)
園長先生の声

甲木先生には、10年近くお世話になっています。現在では、保護者への支援だけではなく、園内研修会や月々のコンサルテーションを含め、保育者の資質向上にも力を貸していただいていました。保育者支援では、発達障がいに対する基礎的な知識から、保護者とのコミュニケーションまで幅広く保育者の不安に向き合い対応して頂きました。先生のコンサルティングで、保育者の子どもを見る目が育っているように感じております。近年、甲木先生は保育者の資質向上に特化したコンサルタントとして活動していかれると伺いました。先生の先鋭化された保育者指導で多くの保育者が育ち、幼児教育が発展していくことを期待します。

やまなみ幼稚園 園長先生 (平成26年度:年間24回:保育者支援と保護者支援・春休み研修会・夏休み研修会実施)

保護者カウンセリングのお声

保護者の声

甲木先生と出会ったのは、半年程前で、ちょうどプライベートや育児でしんどかった時期でした。当時の私は、まわりを見る余裕もなく、自分の足りない所ばかり探していました。そんな中、自分の中の答えを探す様な先生の質問が、どんどんもやもやしてた事を整理してくれて、がんじがらめになっていたのを解いてくれました。 子どもの気になる行動で相談させて頂いた際も、押しつける様なアドバイスではなく、導きながら答えを探させてくれる様にアドバイス頂いて、実行してみると、いつの間にか気になる行動がなくなっていました。子どもやそのお友達とのやりとりで、この対応で良かったのか不安になる事があっても、先生にアドバイスを頂けるので、とても心強いです。
性格診断もすごく面白くて、なるほど!と思ったり、だからなのかと妙に納得したり。色んな事が割り切れる様に、なった気がします。カウンセリングを受けるまで、うじうじと悩むことが多かったのですが、先生と出会ってからは、自分の中に芯が通った様に、ブレにくくなり、性格的に力を抜いていいところ、頑張った方がいいところが見えてきて、とても気持ちが楽になり前向きになることが出来ました。

保護者 私立幼稚園:30代母親
保護者の声

幼稚園でのカウンセリングということで、安心してお願いできました。甲木先生がリラックスして相談できる環境作りをして下さっているので、気負いなく話しが出来ました。
子育ての悩みは尽きません。一つ解決しても、違う悩みは出て来ます。そんな時、一つひとつの心配や悩みにアドバイスを頂き、少しずつ前向きに焦ることなく、子育てしていけば大丈夫なんだという気持ちになることができました。また、その都度自分の心の変化に気付くこともできました。子どもとの向き合い方、接し方を見直しながら、子どもと一緒に成長していきたいと思います。今後も、立ち止まって考え、安心できる時間を甲木先生に頂けると有難いと思います。

保護者 私立幼稚園:30代母親
保護者の声

 私ははじめ悩みや困った事を「何でも相談」で話す事が恥ずかしく、勇気のいることで、敷居が高いイメージがありました。「私は病気じゃないし、まだ頑張れるから別に大丈夫!」と思っていました。だけど「悩みがあっても無くても、気軽にどんなところか説明会にいらして下さい。」の手紙に心が動き、行ってみようと参加したのがきっかけでした。実際、お話すると、問題が整理されて、気持ちが軽くなり、すっきりします。
 有紀先生は共感して、解決策、新たな考え方や接し方をアドバイスしてくださいます。私はいつも原点に返るような気持ちで「あ~これでいいんだ」と安心したり「あ!そういう事だったんだ」と考えが改められたりします。まだ、参加されたことのないママさん。はじめは少し勇気がいるかもしれませんが、気負わず、軽い気持ちで一度ノックしてみてはいかがですか?有紀先生に出会えたことを本当に有難く思っています。

保護者 私立幼稚園:30代母親
保育者の声
  • 気になる子どもに対して、色々と丁寧に相談にのって頂いて、本当に助かっています。「この方向で間違っていないんだ」と自信につながりました。
  • 具体的なアドバイスを頂いたので、実践しやすかったです。明確な目標を立てて、保育が行えました。
  • 困った事への具体案を提示してくださり、保育へとつなげ、スモールステップできている。
  • 以前は「皆と一緒にできるようになればよい」という大きな目標しかなかったが、その子にあった目標を立てる事が重要だと学べた点がよかった。
  • こういう時は、こういう風に対応しようと細かな所まで相談にのって下さり、対応の工夫でどんどん子どもは落ち着いてきました。気になる子への対応だけでなく、一人ひとりの子どもに対し、見直せたのもよかったです。
  • 話を聞く部分と、実際に実践で行う部分とが混ぜてあり、進めてもらっていて、聞きやすかった。
園長先生の声
  • 実際に子どもの様子を見ていただけること、現場の体験や気になる子どもに関する豊富な知識によって、私達の気持ちに添ったところで、的確なアドバイスを頂けるので、保育に向かう先生たちの助けになっている。
  • 私としては、常日頃、ついつい自分の思いを押しつけて、がんばれという思いを前面に出してしまいがちなので、甲木先生が一人ひとりに「どうしたい?」と内からくる気持ちをくみ上げて下さり、「頑張ってくれてはんねんね」と(私のかわりに)認めて、褒めて下さっているのを見せて頂くと、私自身の振り返りや反省にも繋がります。
「保育者コンサルテーション」についてご質問などありましたら
お問い合わせフォームから、お気軽にご連絡下さい。
TEL.080-3214-1089[営業時間] 平日 9:00 ~ 18:00(土祝祭日休)
このページの上へ戻る